空の亡霊-01

空の亡霊!!最強ドローン「ファントム」

2016/05/22

急ですけど、みなさんは鳥になりたいと思ったこと、ありますか?

ねーわwwって人も、ある~!!って人も、朗報です。

鳥の目になれたかのような、まるで自分が空を飛び、好きな風景を写真として残す。はたまた動画としてムービーにする!!そんな時代がきましたよ。。。

はい。というわけで小型ホビードローン「Phantom3」を紹介します。

ドンッ

   これが空の亡霊!!Phantom!


訳しただけやん。ってね。

ほいッこれがあなたを鳥に変身させたかのような錯覚をさせてくれるドローン「Fantom3」です!

以前の記事でも話しましたが私の購入したものと同じものですね。あと、あの禍々しい、ドローンという言葉を世に一気に広めた「官邸ドローン墜落事件」のドローンもこの「Phantom3」の前バージョン「Phantom2」なんですね。

この「Phantom」シリーズは中国の会社「DJI」から販売されており、全モデル「Phantom2」は今なら中古で約5万から6万円程で買えてしまいますよ。

これを読む前に、ドローンってなんやねんって人は前回の「ドローンって何??」っていう記事をお読みくださいませ。

さて「Phantom3」の気になる機能や素晴らしさを紹介してくゾ!お値段は??まてまて後ほど、、、お楽しみにしてくださんす。

   Fantom3の機能!

「Phantom3」には「Advance」「Standard」「Professional」3機種があります。

何が違うのかというと主にこのカメラの性能なんすね。簡単な比較です。

Standard

静止画:1200万画素  動画:2.7Kカメラ 最大1080p/60fps

Adbanced

静止画:1200万画素  動画:2.7Kカメラ 最大1080p/60fps

送信機(ライトブリッジ搭載) ビジョンポジショニングシステム

Professional

静止画:1200万画素  動画:4Kカメラ 最大4K/30fps

送信機(ライトブリッジ搭載) ビジョンポジショニングシステム

てな感じです。やっぱりProfessionalはプロ仕様なのか、動画サイズが4Kで撮影できます。ま、HDで十分なんですけどね。どうしても最上位じゃないと満足しない!とりま一番いいやつ!って人はProfessionalで良いかと思います。

あとは静止画の画素数はどの機種も同じ1200万画素です

送信機(ライトブリッジ搭載)というのをどさくさに紛れて書きましたが、カメラとは関係なく、送信機と機体の伝送距離となります。あるのとないのでは電波が届く距離、リアルタイムで撮影したデータのタイムラグも違うような気がします。ライトブリッジ搭載のAdvanceとProfessionalの伝送距離は、スペック上約2Km(スゴッww)となっておりますが、経験上障害物があると500m程で切れそうになります。(建物とか森とか)

しかし今現在、法規制のおかげでドローンは目視外飛行禁止なのですです。。。。

なので実際には趣味で500mとか1km先2km先とか飛ばすシチュエーションはできないということなんです。。。残念な一般市民よ。。。。この法規制などに関しては後日別途記述します。

そして、よくよくAdvanceとProfessionalの項目の中に「ビジョンポジショニングシステム」なる横文字が綴られております。

ビジョンポジショニングシステムとは


きゃッ///かわゆす!この顔みたいなのはセンサーなんです。この3つのセンサーカメラで捉えた映像(色や距離での地面の模様など)をもとに、機体の動きを正確に把握することで、今自分がどこにいるかを察知し、高度を保ったり、機体の安定を保つことができる!!ていうすごい機能がビジョンポジショニングシステムなんです。

これはGPSが効かないところなどで、GPS OFFモードという慣れていない人には鬼畜な操縦となる場で大きく威力を発揮します。

ドローンは鉄や電線、マンホールなど磁気を狂わせるものにはスーパー弱点なわけですので、建設現場の撮影など、森林内、建物の近くなどで作業をせざるを得ない方には必須なセンサーだと思われます。

おいらは牧場とかの大草原で飛ばすからいーわーっていう人にはいらない機能ですな。

 

   送信機+ipadで操縦!

ファントム君の操縦はこのコントローラーにipadやAndroid(対応機種あり)を装着して、ipadの画面でカメラから見える景色をリアルタイムで見ながら操縦します。

テンションあがってきました?

さ、しかも画面でできることは、まずカメラシャッターや動画撮影はもちろん、自動離陸、自動着陸もワンタップ!(いや、実は2タップ!)でできちうまうんでやんすよ!

あと、誤差はありますが、自分と機体との距離、高度、あとあとGoogleマップを利用した機体の現在地の表示(写真左下)もあるよ!画期的すぐる..........

このタブレットでの表示説明とはまた別記事でオナシャス!

さあどうですかファントム君の機能。

   さて、そして最後に気になるお値段ですが!!

Advance:7万ちょい~11万

Standard:11万後半~16万

Professional:13万~17万

となっております!

安いと感じるか高いと感じるかはあなた次第!!!!

    まとめ!!

・Phantomってとりあえずすごい画期的

・ふつーに使うならAdvanceで十分じゃね??

気になる操縦法など詳しいことはこれから書いていきます。

それではこのへんで!グンナイ~

お・ま・け

お・ば・け(ファントム英語意)じゃないよ!おまけだよ

あ、こういうのいらないかww

練習もできる機能もついてるのダ!すごいね!

投稿者プロフィール

CAPDORA
CAPDORA
職業:フォトグラファーの卵
Lv:25
性格:楽観
アイテム:ドローン、ゲームボーイ、ipad、5DMarkⅢ、バイク
得意:モノづくり、寝ること
趣味:イラスト、カメラ、バイク、ゲーム
好きなゲーム/アニメ:ドラクエ、メタルスラッグ、魔方陣グルグル

-DRONE
-,

DRONE」の人気記事