ドローン種類-01

ドローンの種類

2016/05/22

ばんわ!

いやぁこの前、スーパーで、半額の惣菜ないかなぁーって、店員が惣菜に割引シール貼るの待ってたら、

「ちょっと!!ちょっと!!」って後ろから声が聞こえて

(ん、んんー??見たことない...おば...おばさん??)

「ちょっとぉ!!あんたじゃない!まあーあんたじゃないのぉー!」

(え、えぇー。誰だよこの人会ったことないよー絶対誰かと勘違いしてるぅー!)と思いながら

「は、はぃぃぃ、あんたですけどぉ」って流れで言ったら

「あらーあんたーいやぁーまあー!!」

って!!おばさんwwずっとあんた呼ばわりじゃねぇかよwwww あんたは誰だよ!!

はい。カプドラです。

 

ほい!それでは今回は、ドローンの種類ということで種類やおおよその市場価格についてお話したいと思いまふ。

以前、ドローンとは「無人航空機」の中の種類ということをお話しましたが、今回はドローンの下層の種類についてということになります。

え??ドローンって、空撮するやつとか軍事的に使うやつじゃないのって??

いやなんか色々あるっぽいよ!!はい!

    ドローンの種類

回転翼(プロペラの数)の種類と呼び方

・3枚【トライコプター

・4枚【クアッドコプター

・6枚【ヘキサコプター

・8枚【オクトコプター

この羽の数が多いほど機体は安定します。もちろん機体の大きさと重さによってプロペラの大きさも変わるとそれに合わせたプロペラの枚数も変わってきます。まあバランスってとこですな。

 

そしてドローンは小さいおもちゃのものからでっかー!!ていうほど大きいものまであります。

大きさの種類

小型機(ファントムも含まれる)→ホビーでプロペラがだいたい3~4枚

大型機産業機でプロペラが4枚~8枚(4、6、8の刻み)

 

そしてこれで終わりではない!!さらに分野別としてこう分かれてゆく。。。

 

分野別種類

【空撮】・・・・写真や動画を撮る。絵作り・テレビ・PV撮影等にも最近使われている。カプドラはこれに魅了されてドローンを即買い。カメラ業界っでも新しい!空の分野だ。

 ・[インフラ点検]・・・空撮の仲間。写真や動画で太陽光パネルのクラック(亀裂)や人の目の行き届かない場所(屋根の上や鉄塔の上等)を点検するために使われる。便利すぐる・・・

 ・[災害調査]・・・火事現場・火山噴火場所・森や川などの人の捜索や気象観察、調査など、これも空撮の仲間 サーモグラフィカメラを搭載したら最強。

・【農薬散布】・・・産業無人ヘリで農薬を撒いているのを見たことがある人もいるかと思うがそれのドローン版。散布規模とか積載量はヘリに劣るが、ヘリよりも小さい分、機動性◎、騒音静か、持ち運び○などといったメリットがある。しかも値段はヘリに比べておよそ10分の1程度。コスパ最強!!

【配達】・・・Amazonや楽天でも配達サービスをテストしている段階です。このサービスが実装されると・・・・・どうなるんだ・・・・空がドローンだらけになるかもしやず・・・

【レース】・・・主に小型のドローンを使ってレース!!次世代競技となるのでしょうか。FPV(First Person View)一人称視点でゴーグルをつけて本当に鳥の目になったつもりでレースバトル!!!世界大会の優勝賞金は3億円とか・・・出たいけど、私はマリオカートで精いっぱいだ。

ファントムはこの中では空撮機専門のホビー機という立ち位置になります。

産業機とは、ほぼ組み立て式のもので、素人には部品の手配や組み立ての知識がないと簡単には作れません。。。。この産業機は、先ほどの分野別に特化した部品を施し様々な形状をしたものがあります。

例えば、上記[インフラ点検]の太陽光パネルのクラックや、[災害調査]の人の遭難などにはサーモグラフィカメラを装着して亀裂部分、人間の温度など周囲との温度差で判別できるものにはかなり有効ということになります。

農薬散布機には、農薬を散布できる装置がついているんすねェ。(そのまま)

あと防水タイプのドローンも最近ちょこちょこ出てきているそうです。ドローンの弱点であった 水× というのがひとつ消えて最強に近づいているわけであります。。。技術は進歩している。。。。

 

そしてさらにドローンのフライトコントローラー(制御装置)によっては、こういった種類もあるのですよー。

制御装置別機能種類

【自動航行制御】・・・・もう自分で飛んで自分で帰ってくる。こちら側(人間)が命令したとおりのコース、高度、スピードも設定可能。

【ナチュラル制御】・・・スマソ。自分で勝手に名前つけましたww自動航行の逆。機体制御はしてるけど操作は人間自らがおこなう。

ファントム君は自動帰還モードとか、自動離陸、自動着陸もついてるけど、フライトコントローラーとしては【ナチュラル制御】の方に分類されます。

自動航行っていうのは、鼻をほじりながら漫画を見てても、勝手に離陸してあらかじめ設定して読み込ませたルート通りに飛行して帰ってくる空の全自動ロボットにしてくれる制御装置であるのだ。

 

    まとめ

色々あんだね。ドローンって。

 

未来的には全部全自動になって、ドローンがせかせか働いてるんだろうな。。。

まさにドラえもんの世界。いつかこうなる日がくるのを信じて・・・!!俺は・・・人にこき使われているのを我慢して生きる!!!(ダメ人間。)

グンナイ!

投稿者プロフィール

CAPDORA
CAPDORA
職業:フォトグラファーの卵
Lv:25
性格:楽観
アイテム:ドローン、ゲームボーイ、ipad、5DMarkⅢ、バイク
得意:モノづくり、寝ること
趣味:イラスト、カメラ、バイク、ゲーム
好きなゲーム/アニメ:ドラクエ、メタルスラッグ、魔方陣グルグル

-DRONE
-,

DRONE」の人気記事